マルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム・web・動画・daw音楽

動画・サイト制作・作曲&アレンジ・dawまで考えるマルチメディアコンテンツ制作コラム!

エフェクトやフェーダー微調整(音量1~2db・リバーブwet3%etc)の違いってどのくらいあるの?

   

今回は、細かいエフェクトやボリュームの設定で、楽曲の品質をパワーアップさせてみます。

この世には、微調整しただけでは大して違いが出ないエフェクトや音源パラメーターがあります。しかし、音量1~2dbとか、エフェクターのwet(エフェクトかかり具合)数%かえただけで、質感が変わるということもあります。そういったケースを一部分ですが見て行ってみましょう。

■ケース1:ボーカルトラックミックス・-1.5dbでつぶれないように

ちょっとオーディオデータは忘れてしまいましたが、ボーカルミックスのケース。この部分ではさびなので、他の楽器が大量に入ってくる上に、ロングトーンで音量が他の部分より上がってしまっています。このせいで、wavとかに焼いてサウンドカードで再生したときは、『pro toolsのオーディオインターフェース通したときは気にならない、ボーカルつぶれたような現象』が発生していました。
一般の方は普通のサウンドカードやオーディオシステムで聴くので、これは修正の必要があります。歌が聴きにくいので。

原因は『16bitオーディオを普通のオーディオシステムで聴くこと』と『pro toolsのオーディオシステムで32bitの浮動小数点処理(たしかver10あたりから)』してることの差だと思います。ビット数が少ないとオーバーフローしてしまう感じで。

そういう時には、16bitでもオーバーフローしないように少し下げます。あまり下げすぎてもきこえなくなるので、微調整で。
1~1.5dbだけ下げてボーカルをつぶれないようにし、音量と聴きやすさを両立します。場合によっては、バックで鳴っている楽器を少しカットとかもokです。

■ケース2:m/sのサイドブースト

マスタートラックにblue catのゲインを挿して調整しました。m/sのサイド上げは、横からも音量が上がって迫力&広がり感のある出音になりますが、やりすぎるとうるさくなってボヤけるという欠点もあります。かといって無しだと寂しい出音に。ここも微調整

■サイドブースト・+3db

ロックっぽいバックトラックにオルガンやシンセが鳴っています。こちらはサイドブースト・+3dbバージョン。おそらく+3dbか、+2dbで落ち着くかもしれません。

■サイドブースト・+4db

こちらはサイドの音量が1db高いバージョン。広がり感はありますが、ステレオでシンセ振って、ディレイとかもかかっているから、上げすぎるとしまりがなくなるかなという懸念がでてきました。全体的に締まってきこえるのは、上の+3バージョンです。

■ケース3:マスタートラックリバーブ時間とwet量の微調整

しまりがありつつも艶やか高級感な出音にしたいときにリバーブかけ具合調整は必須。控えめと、ちょっと強めで比べてみます。

■ver1時間2.42sec/wet9

wavesルネッサンスリバーブ使用。これだとwet少しでも違いが出るので好みです。air リバーブとか、昔のprotools付属リバーブのときはwetもっと多かったんですけど、今はあまりかけません。
長さ2.42sec/かける量wet9でやってみました。個別トラックで空間系が強い場合は、もっと少なくても大丈夫です。

■ver2時間4.5sec/wet12

時間は倍になっているけど、wet量はわずかに3%上げただけ。こうなってくるともう完全に好みなんですが、
リバーブが多めに残っていることにより 上記のものより、真ん中あたりがふわっとした詰め物が入っているような音になります。

プロフェッショナル・クリエイターと呼ばれる人たちは、1dbとか0.5db、ウェット割合1パーセント~数パーセントみたいな細かいエディットを場合に応じてうまく仕掛けてきます。ちょっと細かい違いなのでわかりにくいところも多かったかも知れませんが、微調整もうまく使って、カッコいい楽曲を作っていきましょう。


 - DAWプラグインエフェクト, オーディオデータ編集と活用 , ,

yondke-main

yondke-main

  関連記事

【エフェクターねた】マルチ音源のスラップ音がショッパいから(笑)、guitar rigやらrenaissance bassなどを駆使してどうにかしようとしてみた

今回は、(最近注文いただいたトラックや、趣味で作ってるremixにスラップ音使う …

地味に効いてくる、ノイズ効果音の威力~frequency shifterやfilter gateあわせてのせてみて、その効果音をチェックするよ

今回は管理人も最近よく使う、ノイズ効果音の威力をチェックします。 画像はいつもの …

リバーブのかける帯域って?高音域・低音域でどんな違いがあるの?

今回は、使用頻度が高いエフェクターの操作方法についてです。 リバーブで、低音域・ …

sonik synth2のリバースシンバル音が、派手なSEになってた。要因はなぜかガッツリ、フランジャーが挿さってたから

今回のコラムでは、2014年現在ではちょっと古いけど、sonik synth2の …

waves one knob pumperで、音をうねうねさせよう~簡単操作でサイドチェインコンプレッションを再現

今回は管理人も好きでよく使っているwaves one knobシリーズエフェクタ …

レコーディングした歌オーディオトラックの、破裂音のノイズや強すぎるアタックを非破壊で消す方法

今回は、管理人がレコーディング後の歌オーディオデータを扱っていて、やってみたテク …

【dawエフェクト】drパートにコンプやマキシマイザーで、音量upのほか、攻撃的な音色を狙う

今回のお話では、プラグインエフェクターを使って、音色を攻撃的に変化させるという題 …

音量がピークに近い!だけど全体的にくっきりさせたい! そんなときは全体下げて、eqでポイント絞って上げる

今回の音楽制作コラムでは、以前トラック制作を発注していただいた方と『音圧やくっき …

音程いじれるフリーソフトまとめ、オーディオのピッチ編集は無料でできる場合も・練習やキーチェックに♪

今回は、【歌い手・シンガーさん向けねた】。(管理人が)歌い手さんやアイドルの方に …

ボーカルトラックをR-DeEsser(ディエッサー)でマイルドにする~帯域5k/3k/バイパスを比較

今回は、歌トラックなどを聞きやすくするエフェクターを使ってみます。 あんまり派手 …