wordpressスマホ対応サイト・wpプラグイン・検索体験最適化・SNS・ 動画・bgmやテーマ曲を駆使して、リアルビジネスへの集客を達成するためのコラム!

   

wordpress屋のマルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

トレンドになる活動やジャンルを探す~google キーワードプランナーで検索数チェック

      2017/09/28

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は、管理人が『今やってる活動が、web上で話題になってるものなのか』をチェックしたときのツールについてお話します
201604011
音楽活動にしろビジネス活動にしろ、『話題になってるもの・トレンドになってるもの・需要があって検索されるもの』を押さえるのは重要です。いくつかの音楽活動系キーワードを使ってチェックしてみましょう。

■キーワードプランナーの、簡単な使い方

まず、Googleアカウントを持ってない方は取っておきましょう。それを使ってURL
https://adwords.google.co.jp/keywordplanner
でログインします。

■基本的な設定する部分

201604012
まずは(あとからでもできるけど)設定を。アルファベットの単語を調べるときは、海外の検索数も入ることがあるので、国を日本に絞る。

関連キーワードに余計なものが入ってきて正しい数がわからなくなるときは、その語を除外。
期間はここ2年、という感じに設定しました。検索数があまりにも少ない語がいっぱい出てわかりにくいときは、フィルタで切ることができます。

■メインの検索ボリュームグラフ

201604013
適当にキーワード『ドラムン』とか入れてみます。グラフが出てきました。上のグラフは次の段落で説明します。
下グラフは、キーワード横アイコンにマウスオーバーででますが、個々のキーワード検索数の平均値です。その下にはずらっと関連キーワードも並ぶんで、コレも見ておきましょう。

■上と下のグラフの違い

201604014
この画面では大まかにグラフが二つ出てきます。上の方が数字が大きめですが、これは『下にスクロールすると表示されていく、関連キーワードの検索ボリュームを全部合計』すると、この値になります。単月でやると、意味がわかりやすいと思います。調べる期間が複数月にまたがる場合は、平均値となるようです。

■それでは、このサイト的な『各種音楽ジャンルや活動』での検索数はどうかをチェックしてみましょう。

検索数が多いということは、ネットでの関心が高いということ。トレンドに乗るためのポイントになってきます。いくつか音楽活動やジャンルで調べてみました。

■やっぱノリノリダンスミュージック!『EDM』やってみたい

201604016e
バブルが弾けたと言われていますが、日本では検索トラフィックは増加傾向です。一部のアーリーアダプターが飽きた、という感じでしょう。
若者向けアパレルショップの有線では、今でもガンガンにかかっています。海外soundcloudでは再生3000程度のインディーアーティストでも、国産のメジャーを越えるクオリティで出してくる激しい市場だけに、日本のクリエイターが、どこまで食い込めるかが注目です。

■ブームは過ぎたとは言えまだまだ健在、『ボカロ』やってみたい

201604015v
トラフィックは減少傾向で、2010年くらいの勢いはないとは言え、まだまだチェックされています。最終的には80000程度で安定期に入ると予想。
恐らく、男性DAWユーザーが残っていて、女の子ボカロキャラ市場は飽和しているので、別クラスタを狙う戦略が求められます。

■激しい動きで見栄えが♪『踊ってみた』やってみたい

201604017d
『ダンス』は増加傾向だけど、こちらは減少傾向。
『かわいい女の子踊り手ならニコニコ』、『テクニカルなストリートダンス系ならYouTube』というように、プラットフォーム選択も重要。キャッチーでありながら踊りがいのある振り付けを出せるなら、オリジナル曲に絡ませるサブコンテンツとしては非常に機能しやすいといえます。

■動画でbroadcast yourself♪『ユーチューバー』やってみたい

201604018y
知り合いのバンドマンがユーチューバー化してるので調べてみました。バンドのMVよりそっちの再生回数が多いのは複雑です(笑)
数百回~数千回程度の動画を月1であげたところで、ほとんど収益にはなりませんが、固定ファンを拡大させることにより爆発的な知名度・収益力が得られます。
ネット漬けではない一般層にも認知され、注目度は上がってますが、競争も非常に激しいのも事実。間の取り方、しゃべり方、見せ方、題材収集力など総合的に戦えるならやる価値はあります。
ダンス・DJ・弾きかたりなど、音楽系題材も増えています。

また、『検索数は上昇傾向にあるけど、まだそこまでメジャーになっていないキーワード』は、今後のトレンド化の可能性もあるので、ぜひいろんな方向にアンテナを張って、見つけてみてください。

*お問い合わせフォームページに移動します。webリニューアル・ロゴ・記事・wordpress化などでお力添えできます。

■LINEできいてみる(アカウントがある方)

(タップ・またはqrでアプリを起動してください。回答できる内容には限りがありますが、なにか課題解決のきっかけができるかもしれません。)


【カテゴリ】 - 再生回数・アクセスの解析 【タグ】 -

  関連記事

【スマホも解析ok】アメブロにgoogleアナリティクス導入、正確なアクセス数を知る方法

今回は、最近アメブロにgoogleアナリティクスが対応可能になったので、 …

【レイアウト検証】ヘッダー大きい背景の真ん中にあるCTAボタンってアクセス流す効果があるの?

今回は、webサイトのレイアウト・良い感じの位置に配置したボタンで、アク …

またもやyoutubeに投下した曲が、soundcloudより再生回数伸びませんでした

今回は、音楽発信プラットフォームによる、再生回数に差が出すぎてしまったの …

低品質(PV少ない)ページをGoogleサーチコンソール・アナリティクスで見つけ削除する方法

今回は、検索エンジンおよび読者からみてサイト評価を向上させる、『パフォー …

Twitter解析使いかた『インプレッションやエンゲージメント』のチェック

今回は、管理人もダンスミュージックやMV紹介、CDTV実況などに利用して …

音楽・動画などの再生数を稼ぐために~発信プラットフォームが違えば、同じ曲でも伸び方がまったく異なる

今回のコラムでは、管理人がお遊びでやってたremix投下で、『サイトによ …

googleアナリティクスで、複数のサイトを解析するときの設定方法(プロパティ使用)

今回は、googleアナリティクスで複数のサイトを見れるように設定してみ …

YouTube解析・アップした曲がどういう聞かれるか・ユーザー層や端末、キーワードチェック

今回のコラムは音楽制作テクニックではないですが、管理人が実験的にYouT …

【キーワード解析ok】アメブロをgoogleサーチコンソールに登録する方法

今回は、googleの検索に関する、自サイトのさまざまな情報を受け取れる …

『not provided』検索キーワードを調べる~携帯キャリア検索やサーチコンソール

今回は、最近完全に定着してしまった、『検索キーワード:not provi …