wordpressスマホ対応サイト・wpプラグイン・検索体験最適化・SNS・ 動画・bgmやテーマ曲を駆使して、リアルビジネスへの集客を達成するためのコラム!

   

wordpress屋のマルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

もっともキャッチー・クサい・カッコいいゲームBGMジャンルはシューティング1面BGM

      2017/09/23

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は、管理人のBGM研究というかんじで(みなさんの役に立つのでしょうか?笑)、ゲームBGMまとめをとりあげます。
201611061

題材は『シューティング1面BGM』と、なかなかマニアックな題材になりましたが、わりと爽快な楽曲がそろっています。早速見ていきましょう。

■横スクロール(画面が横に動いていく)タイプのSTG・1面BGM

■グラディウス風フリーゲームライト・ユニット

音質は古い昔のフリーゲームでありながら、圧倒的な1面BGMを誇る作品。アニソン・演歌や80年代アイドルpopsを融合したクサキャッチーさ。管理人的にはこれ作曲したかたに、レコード大賞あげたいです(笑)1面だけでなく、全体的にBGMがクサいので超おすすめ。

■Aero Blasters (Genesis) Stage 1-5

アーケード名は『エアバスター』。上記動画0:35~あたりから、1面BGMスタート。発進シーン・アメリカ西海岸のようなひらけた背景・青い空・そしてフュージョン的な、疾走感のある軽快なBGM。もしラリー・カールトンが演奏していたら、間違いなくグラミー賞取れます(笑)

■Arcade Longplay [153] Metal Black

タイトーの名作STGメタルブラック。上記動画1:43あたりから発進シーン&1面BGMスタート。爽快感はないけど壮大・神秘。『人類滅びたんじゃね?』みたいな砂漠・廃墟の背景流しながら、曲タイトルは『born to be free』と哲学的です。

■Thunder Force V – Legendary Wings

テクノソフトのサンダーフォースⅤ。もはやゲーム音楽ファンには説明不要な楽曲。
ステージ構成と曲構成のリンクや、過去作品オマージュなどがポイントです

■Thunder Force 3 – Stage 1: Hydra [Genesis] Music

上のⅤが出たせいで、曲のAメロ部分がさびにきこえるようになってしまいました(笑)主旋律はカッコいいけど、裏メロがお間抜けなので、非常にキャッチーです。管理人は2面以上すすめませんでした。

■SNES U.N. Squadron (Area 88)

外国のプレイ動画だけど、日本版タイトルは『エリア88』。じいさんから戦闘機のパーツやミサイルを買って、テロ組織と戦うあの漫画です。仲間がガンガン死にまくる鬱展開な漫画版とは裏腹に、ゲーム版は曲が非常に爽快。さびのツーファイブ前で、主旋律が上がるポイントにあわせてセコンダリードミナントを挟むなど、高い作曲テクニックが使用されています

■NES エアーウルフ / Airwolf in 11:54

戦闘ヘリを題材にした有名な映像作品をゲーム化。あのテーマ曲をチップチューンアレンジで聴けます!

■縦スクロール(画面が縦に動いていく)タイプのSTG・1面BGM

■Dragon Spirit stage1 BGM comparison

竜が空を飛び、魔物と戦うという、フォーザーキーンな世界観の作品。ロックフュージョンのような爽快な曲が人気で、『太鼓の音ゲー(namcoだからね)』『弾いてみた・ロック&dtmでアレンジ』など、2010年代にも使われました。

■Mushihimesama Futari – 02 – Setting Off Together ~ Stage1

caveの『虫姫さまふたり』。初音みくのような女の子の絵でごまかしているけど、大量の弾幕が殺しにくる鬼畜ゲーム
ただし1面BGMはめちゃめちゃカッコいいのでおすすめです。

■[BGM] [AC] 首領蜂 [DonPachi]

硬派だったころのcave(笑)戦争に赴くときみたいな勇壮な曲調。

■Soldier Blade music OST – Operation 1

2016年現在30代~40代の方は知っていると思われる、高橋名人がゲームパッド連打しまくったことでおなじみのハドソン・キャラバンシリーズ。そのキャラバンシリーズでも、『一番カッコよくしようとしている感』があるものをチョイス。
発進イントロがあるバージョン。Bメロのドラムフィルインが毎回違うのもポイント。

■RayStorm – Stage 1 Theme

元ZUNTATAのTAMAYOさんが音楽制作担当。不思議な雰囲気のコード進行・ソフトなメロ&軽快ハウスビートなどがポイント。
キャッチーさというより、不思議な雰囲気を楽しむスルメ曲です。

■まとめ

なかなか熱いBGMが多かったかとおもいます。
このジャンルが『コンピューターゲーム初期はメジャーだったけど(スペースインベーダなど)、だんだん他ジャンルにユーザーを取られていって、マニア向けになっていた』ということもあるので、2016現在はあまり新作を目にする機会はないかもしれません。

しかし楽曲は魅力あるものが多いので、『キャッチー・クサい・カッコいい・爽快』などを研究する場合は、強力な題材になると思います。

*お問い合わせフォームページに移動します。webリニューアル・ロゴ・記事・wordpress化などでお力添えできます。

■LINEできいてみる(アカウントがある方)

(タップ・またはqrでアプリを起動してください。回答できる内容には限りがありますが、なにか課題解決のきっかけができるかもしれません。)


【カテゴリ】 - BGM・テーマソング事例・研究 【タグ】 -

  関連記事

BGMを考える~テンションを上げやすいレース・車系いろいろ聴いてみよう!

今回は、管理人が療養中にYouTubeでラリーとか車の動画をみていたので …

超カンタン!xpand2のとあるパッチで、神秘的なサウンドロゴをつくる方法!

今回は、おなじみの最強シンセ(本当か?!)xpand2を利用して、神秘的 …

【動画BGM研究】安心感・オシャレ感ある動画BGMを考えるなら、『マツエクサロン紹介ムービー』を参考にしてみよう

今回の企画は、音楽がイメージ作りに非常に重要になる『動画BGMを考える』 …

サメが竜巻に乗って突っ込んでくる映画『シャークネード4』のテーマ曲が公開中・何気にカッコいい&オーケストラ録音風景つき

今回は、ちょっと変わった映画のテーマ曲が、公式で動画サイトに上がっていた …

音楽アプリ『nana』のかっこいいPV~映画的なワンカット長まわし&ミュージカル調で楽器や歌の楽しさを演出

今回は、あの音楽アプリのPVがかなりかっこよかったので、映像方法論なども …

ゼウシくん (JA全農)に学ぶ、商品・店舗プロモーションソングの作り方・構成

今回は、少し前に流行った商品プロモーションソングの構成をチェックし、作る …

ボカロ初音みくコラボの、グリコ『リコとグリ』。future bassぽいアレンジ良すぎ

今回は、管理人がちょっと気になった、お菓子メーカーのキャンペーンソングに …