wordpressスマホ対応サイト・wpプラグイン・検索体験最適化・SNS・ 動画・bgmやテーマ曲を駆使して、リアルビジネスへの集客を達成するためのコラム!

   

wordpress屋のマルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

バンド過去曲をリミックス~テンポを検出して、あとからdawで楽器(ストリングス・シンセ・ピアノetc)を足す

      2017/10/15

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は、友人のバンドの曲をリミックスしたんですが、そのときに使ったテクニック(おもに録音した生バンドのオーディオテンポを,dawに合わせる)をお話しします。

生バンドだとテンポが細かく揺れるので、普通にDAWの音源でビートを重ねても、合わないことが多いのですが、そこをクリアするにはどうすればよいのでしょうか?さっそく見ていきましょう

■通常は『エラスティックオーディオ』や『ビートディテクティブ(beat detective)』を利用し、テンポを合わせる

■素材のテンポが完全にわかっている場合は、『エラスティックオーディオ』で調整

protoolsでの用語は『エラスティックオーディオ(上メニューのクリップのところに)』。素材オーディオのテンポが完全にわかっている場合は、daw上のテンポと異なっていても調整できます
しかし、プロパティに、『素材オーディオのテンポを入力』する必要があるため、バンドで録ったオケで揺れが発生するのは、なかなか厳しいところでした。

■『beat detective』で拍頭などを検出、ただしオーディオの状態によっては誤検出もあるよ

拍頭や小節数・テンポなどが確定されれば、リミックスでインストルメント足し放題です。しかし、1拍目の部分が少し弱かったりすると、他の部分をあたまと判断して、誤検出することもあるようです。やってみたところ、まったく違うところに拍のあたまがでてしまったので、これだと厳しくなりました。他の方法を考えます。

そこで思いついた『2~4小節ずつ、テンポを検出する』

■テンポを検出する機能の使い方

これもprotools搭載の機能。適当にオケの頭と、小節の頭をあわせます。この時点では、dawのマスターテンポと、バンドオケのテンポが合いません。そこで2小節~4小節ずつ(一気にやると狂うと心配なので)、範囲指定し、テンポを検出していきます。めんどくさそうですが、操作自体は単純なので、慣れればワンコーラス5分程度で終わらせられるかもしれません。

■2~4小節ずつ、テンポ検出の結果

dawのタイムベースのテンポが、細かく変わって、バンドオケに合わさりました。レコーディング時にクリックを聞いていたとしても、このように細かくテンポが揺れていることがわかります。

■dawのマスターテンポさえあわせてしまえば、グリッドにあわせてインストルメント入れ放題

はお友達のバンドの曲なのでありません。手法こういうのがありますよと、押さえていただければと思います。

まとめ・バンドオケテンポ検出で何ができる?

とりあえず、生バンドオケに対しても、dawのマスターテンポをあわせてしまえるので、『リミックス』のほか、『あとから楽器を足してリメイク』などということをやって、昔作った曲に輝きを与え、現在でも発信できるようにできるかもしれません
売ったりする場合は、パラデータが残っていると、トラックごとにeqで切ったり微調整ができるのでベターです。

*アトリエSS・曲アレンジ(編曲)・音楽制作受付サービスページに移動します。有償300曲・フリー素材曲and youtubeなどで100曲、合計400曲つくっていますので、アイデアをご提供できます。

【カテゴリ】 - 楽曲アレンジ関連 【タグ】 -

  関連記事

ピアノアレンジ・1発で、『90sダンス系Jpop』ぽくする、魔法のピアノフレーズ&リズム!

今回のコラムは、ピアノアレンジねた・ダンス系Jpop的なピアノ伴奏。 よ …

【歌詞制作・タイトル】『B’z / 愛のままにわがままに~』みたいに、長いタイトルでもしっかり印象に残す曲構成・メロリズムのテクニック

今回は、昔はやった楽曲の、長いタイトルを歌詞にも入れて印象に残す方法を考 …

【ピコピコテクノアレンジ】マルチティンバー音源で、1音で曲が鳴る派手なアルペジエーター!

今回は、管理人が曲中にちょろっとまぜたりしてるアルペジエーターテクです。 …

The Chainsmokers風、メロディック・トラップ(trap)ってどう作る?

今回は、ヘヴィ音苦手な管理人が、2時間くらいで話題ジャンル作りに挑戦する …

ジャズピアノとドラムのシェイクビートって合うの?

今回も、直接のお仕事とは別にやっている素材曲サイトのねたを紹介したします …

kontaktのDRUMLABで、オリジナルドラムキット作るには?

今回は、(普段は他のドラムキット使ってるんですけど)趣向変えて違うもの使 …

【ピアノアレンジ】見栄え・音域・表現力を高める、左手パートで使えそうな伴奏パターン紹介!

今回は、dawでピアノアレンジやpfトリオ・pfハウスリミックスやる以外 …

キラキラ・バキバキで目立つかも?『アイドル系ドラムンベース』を作ってみよう!

今回は、m3出展用の曲を作っていて、また違うジャンルに手を出してしまった …

ジャンル解説~future bassってどんな特徴?超分かりやすい説明思い付いた

今回はテクニック話題ではないですけど、2015辺りから日本でもちらほら見 …

Future Bassの作り方ってどうやるの?特徴を押さえて、キラキラ音色やバッキング・リードシンセを工夫しよう

今回は管理人的に気になっている最新ジャンルを取り扱います。 メジャーにな …