マルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム・web・動画・daw音楽

動画・サイト制作・作曲&アレンジ・dawまで考えるマルチメディアコンテンツ制作コラム!

音楽で売れるためにはユーザーを知ろう『2016年音楽メディアユーザー実態調査』チェック

      2017/08/17

今回は、『社団法人日本レコード協会』が出している統計資料を見て、現在のリスナー・メディアユーザーがどういう状況で音楽コンテンツに接しているかを確認していきます。

春に2016年版(調査後、翌年に出る)が出ていたようです。早速みていきましょう。

■音楽メディアユーザー実態調査ってどこで見れるの?

音楽メディアユーザー実態調査は『社団法人日本レコード協会』のサイトでpdfが公開されています。スマートフォンの方は、スマホpdfビューワーアプリなどがあると良いかもしれません。これらを見ながらポイントをチェックしていきます。

■(2017年公開の最新版)2016年度 音楽メディアユーザー実態調査

http://riaj.or.jp/f/pdf/report/mediauser/softuser2016.pdf

■(比較用 2016年公開)2015年度 音楽メディアユーザー実態調査

https://www.riaj.or.jp/f/pdf/report/mediauser/softuser2015.pdf

■音楽との関わり方分野はどうだった?

有料視聴層は先日でた2016版では、『32.6%』で、前年の2015版『32.9%』より少し減りました。有料聴取層・無料聴取層(未知の楽曲も)が増えているのは中学生・高校生の層です。『若者が金使っていない』というわけではなさそうです。

40代以上では、完全な無関心層は前年より減っているので、音楽には触れているといえそうです。しかし、その増加した分は『無料聴取層(既知楽曲のみ)』で、新しく開拓しようという感じではありませんでした。

■主な音楽聴取手段は?どんなツールで聴いているの?

相変わらず一位はyoutube。しかし、CD・テレビ・youtubeなどが上位とはいえ割合が下がっています。
ニコニコ動画は『14.7 → 12.1』の下落で、ラジオにも抜かれました

全体的に落ちてるとはいえ『AM・FMラジオが微増』『音楽関連イベント(握手会、CDショップでのライブ等)』の項目が新設などがポイントといえそうです。地域によっては、超有名アーティストのライブを除けば、バンドよりもライブスペース・インストアなどで機動力があるユニット・引き語りなどが元気です。

■パッケージ購・楽曲ダウンロードの理由は?

割合は減っていますが『アーティストが好きだから・楽曲が気に入った』は相変わらず上位。『購入することで参加できるイベントが魅力的』『購入特典グッズが魅力的』が増えてきています。
そのほか『Youtubeや、無料で音楽を聴けるアプリ等では聴くことができなかったから』という項目が新設。また『音質が良いものを入手したかった』もちょっと減少。

ピンポイントで属性などを狙って、ツボるアレンジ・歌詞・世界観の楽曲で攻め、ファンになってもらうのが、売り手には確実といえます。

■音楽配信サービスやハイレゾの認知度・利用意向

この項目は、2016年版だけで、昨年との比較も見れるようです。定額制音楽配信認知度は上昇していますが、使いたいかどうかは別のようです。(あまり利用したくない・利用したくない の項目が増加の上、割合が多い)

また、ハイレゾ音源についても利用意向が拡大。これって、声優さんの声好きなファン層にも売れそうですよね、『96Khz・24bitのほうが、歌やしゃべりがくっきり聴こえる』とか(笑)

■まとめ・音楽サービス提供者やアーティストは、どういう戦略をとればいいのかな?

ちょっと駆け足になりましたが、地域によってちょっと違うとはいえ、戦略にいかせるかもしれません。アーティストなどの場合は『自分の曲を好きになってくれそうな層に合わせた自社メディア話題展開』『未知アーティストにも寛容な若手層があつまるプラットフォーム』や、『参加して楽しめる体験』などを考えて。

年齢が上の層は、スクールやアーティストにかかわらず、『昔の有名曲』などを絡めて展開したほうがよさそうです。(ただし、ジャスラックvsヤマハスクールなどの状況は、著作権の問題がどうなるかなので、つねにチェックしながら)

インターネット音楽メディア事業などをやるときも、世代ごとの特性をおさえて行うとよいかもしれません。生き残って伝え続けられるよう、みんなでがんばりましょう!


 - 音楽マーケティング

yondke-main

yondke-main

  関連記事

今、一部で注目・視聴とかもしやすい『apolloネット音楽マーケット』がちょっと熱い!ダンス&クラブ系中心に、気になった曲まとめ!

今回は、とあるサイト上で行われていたイベントを紹介いたします。 画像はいつものお …

管理人(30代男性)・カラオケ制作&ピアノで、若者が多い歌アプリ・nanaに潜入してみたレポート

今回は、あの音楽アプリ潜入実践レポートです。 webマーケティング関連ニュースサ …

本レビュー『コトラーが教えてくれたこと、女子大生バンドが実践したマーケティング

今回は、先日book offで200えんで売ってたから買ってみた本を、はしょって …

Twitterが、ユーザーの関心に合わせたタイムライン変更!ミュージシャン・クリエイターがやっちゃダメなツイート事例

今回は、Twitterタイムラインのニュースが入りましたので、ちょっと対策が必要 …

音楽系のYouTuberってどんな方がいるの?vol2!日本・海外それぞれの状況を見てみよう

今回は、海外の動画で『top 10 youtube cover artists( …

音楽プロジェクト(バンド・サークル・ユニット)のメンバーが集まらないっ!活動を活性化するため、対策はどうする?

今回は、当サイトの理念として、音楽とか作るだけではなく、その後の活動も視野に入れ …

nanaって自分で作曲したオリジナル曲投下しても大丈夫なの?投稿数ややり方は?

今回は、春くらいから管理人もたまにピアノ伴奏投下して遊んでる、音楽アプリについて …

Twitter解析使いかた『インプレッションやエンゲージメント』のチェック&再生回数などの向上に役立ってるかを押さえよう

今回は、管理人もダンスミュージックやMV紹介、CDTV実況などに利用している、T …

音楽アプリnanaの特徴とかチェックしてみた。ボーカル・歌い手の主力プラットフォームになるかも?

今回は、音楽プラットフォームについての考察です。 比較的歴史の新しいものを取り上 …

Soundcloudの再生回数やいいねの数を、金で買えるというサービスがあるらしい

今回は、管理人がリミックス曲ネットに投下などの活動を通して遭遇した、新たなサービ …