wordpressスマホ対応サイト・wpプラグイン・検索体験最適化・SNS・ 動画・bgmやテーマ曲を駆使して、リアルビジネスへの集客を達成するためのコラム!

   

wordpress屋のマルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

ジャジーなコード進行の作り方~ダイアトニック(キー内)の和音に、ツーファイブを挟んでみると?

   

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は管理人が、ピアノでjazzのスタンダード曲コンファメーションの伴奏を練習していて(ソロは難しくて できませんでした笑)、思いついたコード進行テクを紹介します。

主にツーファイブ(キー内のⅡ→Ⅴ・CキーならDm→Gドミナントセブンスみたいな、基本進行)を使います。ツーファイブを挟みまくるのは、昔のジャズ系の曲(コンファメーションにも)に、よく見られ、現在でも使われるテクニック。どんな響きになるのか、さっそく確認していきましょう。

■例1:C→Em→F→Gにツーファイブ挟む

■もともとのコード(C→Em→F→G)


あえてよくある定番なコード進行をチョイス(C→Em→F→G)。ローマ数字でかくと、CキーのⅠ→Ⅲ→Ⅳ→Ⅴです。
この段階では、特にコメントはありませんが、管理人的にはⅢのマイナーは、なかなかおいしいコードです。

■C→Em→F→Gにツーファイブ挟んだコード進行


で、上記の進行に対して、ツーファイブを挟みまくって響きをかえたところ
『C→F#m7♭5・B7→Em→Gm7・C7→F→Am7・D7→G→Dm7・G7』という進行に

『F#m7♭5・B7』は、Emへのマイナーツーファイブ
『Gm7・C7』は、Fへのツーファイブ
『Am7・D7』は、Gへのツーファイブ
『Dm7・G7』は、Cへのツーファイブ

となっています。
この時点で、F・G(並行調Em)・Cと、複数のキーが出てきています。一時的に、何回も転調しているという解釈もできます。

『Dm7・G7』は、無くてもGがもともとあるので、ループしてⅠ(Cメジャー)には自然につながりますが、あえてここもツーファイブに。ココではGと3rd/7thが同じ和音(D♭7)を使って、Ⅰ(Cメジャー)に半音で落として解決というのもやってみましたが、クドくなったのでDm7・G7を採用。興味があるかたはCメジャーに戻すとき、『A♭m7・D♭7』もやってみてください。

■フレーズやメロディなどを乗せるとき、Cメジャースケールだけでok?


作ったコードに、エレピかなんかでフレーズを入れてみました。
上でかいたように、複数のキーがでてきていますので、F#m7♭5・B7のところでCキーの4番目のファの音(F)を弾いたりしてぶつかります(一瞬だけ経過音なら、気にならない場合も)。そのため、ツーファイブの場所にあわせて、そのキーの音を取り入れていきます。
連続して弾くと不自然にきこえるところは、あえて休符にするなど、センスの見せ所でもあります。

また、転調するときも、次のキーのツーファイブを挟んだりしてもokです。
ぜひみなさんも、ちょっとジャジーでおしゃれな進行にしたいときには、使ってみてください。

*アトリエSS・曲アレンジ(編曲)・音楽制作受付サービスページに移動します。有償300曲・フリー素材曲and youtubeなどで100曲、合計400曲つくっていますので、アイデアをご提供できます。

■LINEできいてみる(アカウントがある方)

(タップ・またはqrでアプリを起動してください。回答できる内容には限りがありますが、なにか課題解決のきっかけができるかもしれません。)


【カテゴリ】 - コード進行・メロディなどの音楽理論 【タグ】 -

  関連記事

盛り上げポイントにはかかせない、半音上げ転調のいろいろな手法(いきなり・フィルインorSE・ドミナント)

今回の音楽制作コラムでは、『半音上げ転調のいろいろな手法』をご紹介します …

【カッコいいコード進行】マイナー系/半音でどんどん下がる&ドミナント的なディミニッシュコードの処理

今回は、楽曲の雰囲気を決定する重要な要素である『コード進行』&『ちょっと …

サイバーな雰囲気(分数・テンション)コード・マイナーコードに、全音下のメジャーコード

今回は管理人がDAWで音符をコピペするときに間違ったら、カッコいい和音が …

【コード進行】王道進行ドミナント部分をオルタード音階&裏(代理)コードで処理でジャジーに

今回のコラムでは、前回の続きです。 前回つかったCキー王道進行FM7→G …

使えるキー外のコード(非ダイアトニック)~メジャーキーで♭Ⅲ(CキーでE♭)

今回は、管理人がフリー素材曲を作るときに使ってみたら、良い感じだった、キ …

泣けるコードってほどではないけど、少し変化がついて楽しい『サブドミナントコードへのセコンダリー』

今回は、【コード進行ねた】。管理人がやったお仕事で、アレンジ依頼人さまよ …

エキゾチックな響きを演出する、マイナースケールに♭Ⅱ音(フリジアン)使ってみよう

今回は、【音楽理論・スケールねた】。管理人も結構好きで、remixなどに …

【作曲ねた】メロディ/フレーズの装飾・い音や掛留音などを使用し、起伏・変化をもたせる

今回は、アレンジを頼んでくれた方より『フレーズ変えていいですよ』と言われ …

作曲で、歌詞をきちんとリズムにはめるために必要なのは、リズムへの理解

今回は、歌詞先で作曲をしようというときに、役に立つねたをご紹介いたします …

【コード進行】メジャー系ダイアトニック進行で、ちょっと懐かしい、切ないクサさを演出する方法

今回は音楽理論。ちょっと懐かしい感じとかで聞き手をゆさぶるかもしれない、 …