wordpressスマホ対応サイト・wpプラグイン・検索体験最適化・SNS・ 動画・bgmやテーマ曲を駆使して、リアルビジネスへの集客を達成するためのコラム!

   

wordpress屋のマルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

fc2ブログでSSL対応開始!設定方法や注意点をチェック!

      2017/11/01

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は、管理人も使っている大手ブログサービス(fc2)で、ブログ本体もSSL暗号化接続が可能になったのでやってみます。

社会的信用はいまいちだけど(fc2動画のせいで笑)、プラグインやテンプレートがいっぱいあったり、スマホページもエディットし放題、独自関数で出力先変えたりと、拡張性・機能だけは高いので、SSLで今後も活用できるかもしれません。さっそくみていきましょう。

■なぜSSL化が必要?理由は通信の保護やGoogleChromeセキュリティ警告

以前このサイトに貼った画像です。2017年10月のGoogleChrome仕様変更で『通常のhttpページにはセキュリティ警告が出る』という方針になりました。たとえアドレスなど個人情報を取得したりする機能(メールフォームや掲示板)が無くても、『ブラウザ警告』は閲覧ユーザーをかなりびっくりさせることになってしまいます

そこで、インターネット業界各社、SSLの対応が必要になってきました。
http://fc2information.blog.fc2.com/blog-entry-1874.html
アナウンスによるとfc2でも動画やアクセス解析・管理画面・広告配信をSSL化し、9月半ばから順次ブログも対応できるようになったということです。

今回は、管理人が以前やっていたfc2ぶろぐのアカウントが残っていたので、

これをSSL対応にしてみます。

■fc2ブログでSSL設定する方法

まずは、fc2ブログの管理画面に入ります。

メニューの『設定』の中にある、『環境設定』を。

『環境設定』のページには、4つのタブがあります(ユーザー情報・プロフィール・ブログ設定・その他)。

『ブログ設定』の下のほうに、『SSL設定』という項目ができていますので、ここをクリック。

あとは、『SSLを有効にする』を選び、『更新する』を押して、しばらく待てば、ブログがhttpsアドレスで見られるようになります。

『fc2ブログ独自ドメイン』はまだ対応していないらしいので、今後のアナウンスを待ちましょう。

また、昔のガラケー(フィーチャーフォン)だと、サイトが見られなくなるおそれがありますので、解析を見て『ガラケーユーザーが多い』というサイトは、少し対応を検討してください。

実際、総務省のサイトでも『サーバー証明書の新しい規格への切り替えで、ガラケーが新しい規格に対応していないのでサイトが見られない』ということがアナウンスされています。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security01/12.html

■SSL対応後の様子や、注意点

■管理人のブログもSSL化しました

このように、サクッとSSL化が可能に。サーバー番号入りだったurlが、サーバー番号なしに変わりました。そちらにアクセスしても、新urlにリダイレクトがかかります。画像ファイルなどは『http://blog-imgs-●●.fc2.com』という領域に入っているんですけど、こちらもhttpsでアクセスできます。
その他、公式プラグインやサービス(解析やアクセスカウンター)も、古いものは張替えしなきゃいけないけど、現在ではSSL対応版がリリースされています。

■注意:外部webサービスでhttp接続のものは、SSLで完全に保護できません

管理人のブログの場合ですと、『fc2社外のrss取得ブログパーツ』が貼ってありました。これがhttp接続だったので、完全に保護が有効になりませんでした(そういうわけでカット)。

2017年10月以降は、こういった『rss更新情報ブログパーツ・ランキングやアンテナサイトをつかったアクセストレードのシステムが、https対応していない場合、影響が出る』かもしれません。アフィ収益などもね。

■fc2ブログSSL化まとめ

  • 設定自体は、環境設定から簡単
  • ユーザーの意思で、SSL化するかしないか選択できる
  • 旧urlにアクセスされてもリダイレクトがかかる
  • 独自ドメインの人はちょっと対応を待つ
  • fc2内部のサービス(解析・カウンターなど)は、バージョンが新しいものはSSL対応できてる
  • ガラケーユーザーが読者に多い人は見られなくなる可能性が高いので注意
  • 外部のブログパーツや、画像を外サーバーから借りるアフィリエイトタグなどは注意

といったところでしょうか。状況に応じて選択し、良いブログ環境を作っていただければと思います。

*お問い合わせフォームページに移動します。webリニューアル・ロゴ・記事・wordpress化などでお力添えできます。

■LINEできいてみる(アカウントがある方)

(タップ・またはqrでアプリを起動してください。回答できる内容には限りがありますが、なにか課題解決のきっかけができるかもしれません。)


【カテゴリ】 - webサイト制作 【タグ】 - ,

  関連記事

ワードプレスサイトを独自ドメインで公開するまでの流れや注意点

今回は、最近何件か対応させていただいている、ワードプレスサイト制作につい …

【ワードプレスサイト製作】レスポンシブ左右ボックスとaudioで、音楽素材サイトを作る

今回は、ワードプレスを利用して、新しいサイトを作ってみたときの話題です。 …

音声セミナー・講座・音楽視聴をサイトに実装できる、HTML5 audio要素を使いこなそう

今回は、管理人もこのサイトやお仕事受付サイトで使用している、便利なHTM …

ワードプレスサイト高速化失敗例(ページスピードスコア低下)→最後にjsで読み込むCSS

今回は、管理人が重いワードプレスサイトを高速表示しようとして、失敗した事 …

ワードプレスでデータベースにたまる余計なデータって何があるの?事例と対処方法

今回は、ワードプレスのサイトでよくある『データベースにたまる余計なデータ …

bootstrapのcolクラスをとphp関数を使って、3列レイアウトとブログ2カラムを切り替える

今回は、1ドメイン・1サイトで『トップページやコーポレート部分は1カラム …

【別に止めなくてOK】wordpressサイトなどに、アメブロ・fc2など無料ブログの更新情報を表示して連携する方法

今回は、『無料ブログにすべきかwordpressにすべきか』という疑問に …

自社サイト(wpホームページ制作請負)のプチリニューアルしました(ヒーローヘッダー風&重なるメニュー)

今回は、ちょっと時間があったので、管理人のお仕事用サイト(wpホームペー …

wordpressの仕組み~ヘッダーに入ってくるCSSは、どのように出力されるか(wp_headにcustomize_cssをadd_action)

今回は、自分のフリー曲素材サイトのチューニングをしてて、wordpres …

【WPカスタマイズ】子テーマさえ入れとけば大丈夫?なわけねーだろ!(親テーマに手を入れる・ファイルコピー適応させる羽目になる事例)

今回は、推奨されてるWPの子テーマについてですが、『結局親テーマいじる羽 …