wordpressスマホ対応サイト・wpプラグイン・検索体験最適化・SNS・ 動画・bgmやテーマ曲を駆使して、リアルビジネスへの集客を達成するためのコラム!

   

wordpress屋のマルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

ワードプレス・手動インストールってどうやるの?(自動インストールがない、あるいはエラーの場合)

   

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は、サーバーの簡単インストールなどで、エラーになって入らない場合の対処として、ワードプレスの手動インストールをやってみます。

管理人は既に30回はワードプレスのインストール作業をやっているので、手順があらかた確立していますが、その方法を紹介いたします。

■なぜ手動ワードプレスインストール作業が必要なの?

現在、メジャーなレンタルサーバーサービスでは、『ワードプレスやECキューブ 』などの自動インストール機能がついています。しかし、自動インストール機能で、『エラーになって入らない』などの事例が発生したこともあります。

(パーミッション設定などで対処できる可能性もありますが)そういった場合は、『手動でインストール』すると確実です。自動インストール機能が無いサーバーにあたった場合でも、手動インストール手順がわかっていると対応できます。

■ワードプレス・手動インストール手順

■サーバー側での設定・データベース作成


まずは、サーバー側でデータベースを準備しておきます。ロリポサーバーの場合だと、『データベース作成』で。作ったあと、『ユーザー名やデータベース名・データベースパスワード』などは、メモ帳などにコピーしておきます。ワードプレスに情報入力するとき使うからです。

サーバー『○○phy.lolipop.lan』というのは、インストール時の『データベースホスト名』に入れるとき使いました。

■ワードプレスのファイルをダウンロード

https://ja.wordpress.org/txt-download/

公式サイトから、ワードプレスインストールに必要なファイルをダウンロードします。基本的にその時点での最新バージョンが手に入るので、セキュリティ的にも安心です。

■アップするときは FTPソフトで


自動インストールで入らないときは、FTPソフトを使います。FTPソフトで、サーバーのFTPアカウントとパス入れてサーバーに接続。インストールしたいフォルダーに、ドラッグ&ドロップします。解凍したときに出てくるフォルダを上げるのではなく、『その下の階層のPHPとかが入ってる部分』を上げました。

解凍したままのフォルダを上げると、一階層パスが変わるので(インストールフォルダ内にさらにwordpress-4.9-jaフォルダができるなど)、ちょっとめんどいからです。

■setup-config.php(セットアップ)のファイルに入り、データベース情報を入力


適当に『インストールPHP』とかのURLをブラウザにコピーして入ると、この画面にリダイレクトされます。場所指定するときは『wp-adminフォルダ→setup-config.php』。『さあはじめましょう』をクリックしてセットアップに。


あとは、データベース作成時にメモした情報を入力します。テーブル接頭辞は、1個のデータベースに複数インストールするときなどに、区別する名称を使います。あとから変更もできますけど、結構大変です。

正しくセットアップされ、データベースと通信できる状態になると、この画面が表示されます。

■パスやアカウント名の設定


あとはワードプレスログインに使うユーザー情報設定やメルアドを入力します。最近は、勝手に発行されるパスワードがランダム文字列でブルートフォース攻撃には強いので(ユーザー名admin・パス123456とかだとパスが簡単すぎると、関連文字列総当たり攻撃で侵入されやすい)、使っています。

■あとがき・まとめ

  • サーバーでデータベース作成&情報メモ
  • ワードプレスのファイルをダウンロードしFTPでサーバーアップ
  • setup-config.phpでセットアップ
  • ワードプレスログインのパスやアカウント名の設定

というのが基本的な流れでした。データベース名&パス・FTPアカウント&パス・ワードプレスのアカウント名&パス、というように三種類出てくるので、混同に気を付けて行います。

自動インストール機能で入らないとか、そもそもそういう機能がない場合は、ぜひ使ってみてください。

*お問い合わせフォームページに移動します。webリニューアル・ロゴ・記事・wordpress化などでお力添えできます。

■LINEできいてみる(アカウントがある方)

(タップ・またはqrでアプリを起動してください。回答できる内容には限りがありますが、なにか課題解決のきっかけができるかもしれません。)


【カテゴリ】 - webサイト制作 【タグ】 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【セキュリティ・脆弱性対策2018】wordpressでサイバー攻撃されやすいファイルってどんなのがあるの?

今回は、wordpress利用者にも気になる『サイバー攻撃』についてです …

baserCMS(ベーサーシーエムエス)サイト制作2~テーマCSSやパーツPHP編集でデザイン

今回は、前回ちょっとインストールしたbaserCMS(ベーサーシーエムエ …

ワードプレスCSSで色が変わらない時『functions.phpやテーマカスタマイザー』もチェック

今回は、ワードプレスのサイト制作をするとき、ひっかかりそうなポイントにつ …

ワードプレスサイトを独自ドメインで公開するまでの流れや注意点

今回は、最近何件か対応させていただいている、ワードプレスサイト制作につい …

ワードプレスじゃない通常サイトをSSL(暗号化通信)化するときの、htmlソース編集方法

今回はプラグインで一発SSL化ができるワードプレスではなく、通常のweb …

wordpress構成ファイルのxmlrpc.phpを無効化する方法【実は攻撃されやすい】

今回は、wordpressの構成ファイルで、ちょっとクセのある『xmlr …

【ワードプレスサイトで更新情報表示】phpで取得と、プラグインで表示どちらが良い?

今回は、ワードプレス系のサイトで、トップページとか任意の部分に『ブログ部 …

【WPカスタマイズ】子テーマさえ入れとけば大丈夫?なわけねーだろ!(親テーマに手を入れる・ファイルコピー適応させる羽目になる事例)

今回は、推奨されてるWPの子テーマについてですが、『結局親テーマいじる羽 …

【ワードプレステーマカスタマイズ】勝手にヘッダーの追加CSSで入ってくるマージンを消したいんですけど

今回は、ワードプレスのテーマカスタマイズしてオリジナルデザインにするとき …

オウンドメディア&コーポレートサイトを、1サーバー1ドメインで構築する手順

今回は、ワードプレスなどを使って、汎用性のある複数サイト組み合わせを行い …