wordpressでのスマホ対応webサイト制作・wpプラグイン・PHPプログラム・SNS活用・ 動画・bgmやテーマ曲アレンジまで考えるコラム!

CSSの『Expected RBRACE 』エラーって何なの?(ワードプレス4.9で判明)

      2018/04/20

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は、ワードプレスを新バージョンにしたら判明した、変なCSSエラーがでていた件についてお話します。

エラーがわかる便利な機能がついてるんで、今まで(致命的ではなかったけど)放置していたものについても、発見できましたので、対処をみていきます。

■なぜワードプレス新バージョンで、CSSのエラーがすぐわかるようになったか?

先日リリースされた新バージョン『4.9ティプトン』(詳細はワードプレス公式ページで)
https://ja.wordpress.org/2017/11/17/tipton/
で実装された、『エラーチェック機能』です。


こんな感じで、タグが閉じてないとか、構文がおかしいみたいなCSSやphpのエラーを、ダメな版で保存してサイトを壊す前に通知してくれます。これにより、判明したエラーもありましたのでお知らせします。

■CSSエラー『Expected RBRACE』の状況と解決方法

■このサイトの例

実はお取引先さまのサイトとかには、セキュリティー上の理由とかそういう理由で最新版にしていたんですが、自分のサイトは最新版ワードプレスに更新するのを忘れていました。

最近、バージョン4.9にしたところ

エラー通知が機能して、こんな感じで通知されました。

■対処方法

調べたところ、『Expected RBRACE』のエラーは、パスエラーだということです。コード内のカッコ閉じてないとか、そういうときに出ます。CSSの最後に書いてあった『メディアクエリPC(レスポンシブで、PCサイズディスプレイで表示したとき適応するやつ)』の最後のカッコかと思ったら・・


その上にある、『メディアクエリ』の部分で、終了部分のカッコが閉じられていませんでした。これを修正したところ、エラー通知は消えました。


このように、カッコをきちんと閉じます。

■あとがき・まとめ

  • ワードプレス4.9(または最新版)更新メリットは、脆弱性対策だけでなく、エラー通知が便利
  • php間違えて画面真っ白前に通知してくれる
  • CSSの『Expected RBRACE』はカッコが閉じてないなどの時にでる

という感じです。特に、カスタマイザー使わないでphpやCSSを編集してしまう方には、エラーでサイト見れなくなる前に通知してくれるので便利だと思います。

*アトリエSS・web制作サービスページに移動します。webリニューアル・ロゴ・記事・wordpress化などでお力添えできます。

【カテゴリ】 - サイトエラー対策と復旧(wp/php/css)
【タグ】 -

  関連記事

WPサイト接頭辞エラーまとめ~configやテーブル名変更・usermeta内の項目で、接頭辞不一致の場合

今回は、管理人がお仕事でWPサイトお引っ越しをしたときに遭遇した ...

MySQLデータベースからWordPressテーマ変更・プラグイン停止を行う方法【エラー・管理画面に入れないときに】

今回のお題は、WordPressエラー復旧などに使えるかもしれな ...

【ログインページが404】ディレクトリやWordPress アドレス変更でログインできない場合は、データベースからログインできるアドレスに直す

今回は、WordPress を使っていて怖いエラーの1つ『ログイ ...

WordPressサイトヘルスを『改善が必要→良好』にしたいけど、どうすれば良い?(プラグイン・テーマ・WP/PHPバージョンアップデート)

今回は、WordPressがサイトのセキュリティや稼働状態を勝手 ...

WordPressをcookie関連設定でログイン不可能にしてみた(cookieブロック・トークン削除・ログイン成功cookie削除)

今回は、WordPressでよくあるトラブル『ログインできない』 ...

WordPress 5.2がサーバーPHP5.6.2以下で動かなくなる事例~更新や閲覧はできる?バージョンアップの注意点は?

今回は、WordPressの最近の新しいバージョンで、PHPバー ...

【WordPress/エラー対策】プラグインbizcalendarが改造テーマで表示しない事例

今回は、最近このサイトでAPIカレンダープラグインの話題のアクセ ...