wordpressスマホ対応サイト・wpプラグイン・検索体験最適化・SNS・ 動画・bgmやテーマ曲を駆使して、リアルビジネスへの集客を達成するためのコラム!

   

wordpress屋のマルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

【SEO・SXOチューニング】余計なカテゴリ・記事をカットし、内部リンクをシンプルにしつつ、xmlサイトマップもきちんと送る

      2018/03/31

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は、管理人がこのサイトを使ってやってみた『SEO・SXOチューニング』の流れについて述べてみたいと思います。
SEO・SXOチューニング記事見出し画像
『ユーザーにむけた配慮』『検索エンジンのコンピューターにむけた配慮』みたいなのも狙いながらできればと思います。さっそくその流れをみていきましょう。

■チューニング目的や内容・考え方

■目的は『雑記ブログ的な雰囲気』を消し、より専門的にしたかったから

今回やりたかった内容はタイトルにもあるとおり『余計なカテゴリ・記事をカットし、内部リンクをシンプルにしつつ、xmlサイトマップもきちんと送る』です。というのも、ネタがないときについつい書いてしまったことが積み重なったことによる『雑記ブログ的な雰囲気』を消していきたかったからなんですね。

雑記ブログがかならずしも悪いわけではないけれど(雑談を吐き出す場は必要)、google webマスターブログ12月6日記事(医療や健康に関連する検索結果の改善)によると、『専門家(上記の場合では医療従事者など)による信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすく』なるようにアップデートされました。

これは今後、他のジャンルの話題にも波及すると、管理人は考えています。

■SXO(サーチエクスペリエンス最適化)の考え方を取り入れる

SXO(サーチエクスペリエンス・検索体験の最適化)というのは、わりと最近でてきた言葉です。『web担当フォーラム』にわかりやすく概念が出てるので読んでみると・・・
https://webtan.impress.co.jp/e/2016/07/19/23290

  • Usability(ユーザビリティ)
  • Relevance(レリバンス/適合性)検索の意図とコンテンツが合っているか
  • Authority(オーソリティ)サイトの評判を高め、読者とより良質な「関係性」を構築できてるか

とのことです。余計な記事・カテゴリなどがあると、一覧をみたときにごちゃごちゃしてユーザー的にもわかりにくいです。また、『何のサイトか明確にわかる』のも適合性や、その話題に興味をもつ人との関係性を高めるのに役立つと考えます。

■パフォーマンスが悪い記事やカテゴリーのカット・追加

さっそく、ユーザーにも検索エンジンにもわかりやすくなるように、チューニングしていきます。まずは記事・カテゴリから。

■googleアナリティクスでパフォーマンスが悪く、サイトの方向性と違うものを割り出していく

半年で1PVの記事を解析
例えば極端な例ですが、このサイトには『半年で1PV』というように、圧倒的にパフォーマンスが悪い記事が存在しました。ちなみにdawエフェクターの記事でした(笑)。

このジャンルの記事は、既に飽和していて(他に似たような記事が多い上に、検索するユーザー数も少ない)、かつサイトの方向性ともずれるので、カットしていきます。『せっかくがんばって書いたのに!』と思うところですが、たまには非常さも必要ですよね。

■カテゴリーもきちんとカット&追加するときはスラッグを意味のある言葉にする

カテゴリーカット・追加、スラッグを意味のある言葉に
で、いくつかカットしていくと、空になるカテゴリーが出てきます。画像はwordpressの操作例なんで書いていますが、削除するときはこんな感じで、という説明です(実際ネット広告の記事は見られているので、そのままのっけています)。

整理していくと『このカテゴリあったほうがいいかな』と思うのがでてくるので、その場合は追加します。追加するときのスラッグ(urlみたいなもの)は、『カテゴリーをカンタンに表した、意味のある語句』にするのが推奨されています。というのも、カテゴリーが検索のランディングページになることも多いからです。

■内部リンクが関係ないページに分散しないメリット

記事やカテゴリカットで、内部リンクが少しシンプルになりました。これは『ユーザーがページを移動するとき、余計なリンクが少ないほうが迷わない』や、『関係ないページに、リンクパワーが分散しない』みたいなのを狙っています。『関係ないページはnoindex/nofollowでいいんじゃね?』となりますが、『無いことによりリンク構造をシンプルにして、リンクパワーだけじゃなくユーザーの回遊性も高まる』というのを狙います。

■ちなみに、カットしたカテゴリの傾向

カットしたのは『エフェクト・ミックス』『ビットコイン』『踊ってみた』などでした。雑記ブログ感がかなり減ったのではないかとおもいます。

■xmlサイトマップも整理して、検索エンジンのコンピューターが処理しやすいようにしよう

wordpressのサイトなので、プラグインの『all in one seoパック』を使って、xmlサイトマップも調整しました。検索エンジンのコンピューターにサイトの構成変更したことを伝えるには、変更したxmlサイトマップを送信します。

■カテゴリなどの除外設定

xmlサイトマップでのカテゴリ除外例
『all in one seoパック』のxmlサイトマップでは、載せる/除外するカテゴリなどの設定もできます。カットしたものや、載せたくないものについては除外にチェックをいれておきます。

■なんでもかんでもxmlサイトマップに入れない

xmlサイトマップに画像や音声などまで入れない
ポイントは『xmlサイトマップに何でもいれようとしない』かもしれません。画像や音声なども含めると、サイトマップが膨大になってしまうからです。ただし、『画像や音声などが、文章よりもメインになっているサイト』の場合は、載せてよいかもしれません。

タクソノミーのところがフォーマットになっていますが、海外のサイトなどを調べたところ『カスタムフィールドやカスタム投稿タイプ』みたいな使われ方をしていたようです。管理人は使っていないのでチェックを入れませんでした。

また、アーカイブなども全部入れていたらキリがないので、スラッグなどで優先的に意味を持たせられるページを中心にサイトマップに載せていきます。

■送ったあとは、サーチコンソールで反映しているか確認

xmlサイトマップがサーチコンソールで処理されているか確認
xmlサイトマップができたら送信して、サーチコンソールで処理されているかを確認します。

■送った結果・あとがき

掲載順位が少し上がってきた
まだ変えてから数日分のデータしか、サーチコンソールには反映していませんでしたが、平均順位は上がってきているようです。CTRがちょっと悪くなっているのは、『そのまま順位を上げてインプレッションを増やす』『タイトルやmeta description変更・記事リライトを、ユーザーのキーワードの意図を考えて行う』などでカバーができるでしょう。

*お問い合わせフォームページに移動します。webリニューアル・ロゴ・記事・wordpress化などでお力添えできます。

■LINEできいてみる(アカウントがある方)

(タップ・またはqrでアプリを起動してください。回答できる内容には限りがありますが、なにか課題解決のきっかけができるかもしれません。)


【カテゴリ】 - SEO(検索エンジン最適化)情報 【タグ】 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

トレンド・雑記ブログをやめるとアクセスは減るの?【PVの数がすべてではない】

今回は、サイトのブログ・メディア記事部分のアクセスの質について考えます。 …

【PC対応ページしかねぇ】Googleがモバイルファーストインデックスを始めたけど、ページ構成やURLはどうすれば良いの?

今回は、昨年あたりから話題になっていた、Googleのモバイルファースト …

サーチコンソールで出てくる『インデックスカバレッジ』の問題ってなんなの?

今回は、Googleのサーチコンソールで見ていたら出てきたメッセージ『イ …

ブラウザのGoogleクロームがSSLじゃないサイトに警告だすときって、どんな風になるの?

今回は、以前からアナウンスされていた、『Googleが、クロームの新しい …

このサイトでPVを15倍(月間1480pv→22500pv・1年半の間)にした、seo・スマホ・記事話題の対策

今回は、いろいろエディットやチューニングをしていたら、アクセスが増えてP …

【VSインスタ比較】Pinterest(ピンタレスト)にアップした画像って、画像検索にヒットするの?

今回は、画像SNSのピンタレストの検索エンジンに対する効果についてチェッ …

Googleウェブサイトビルダーで簡単サイト制作~ローカルSEO、マップ表示効果!

今回は、検索屋のグーグルが新しくつくったサイト制作サービス『Google …

ワードプレスwebサイトの、記事カテゴリー調整方法~設定しかた、親・子カテゴリ使い分け

今回は、このサイトにも使われているweb制作ツール・ワードプレスでの、カ …

スタバのコーヒー検索して気づいた!Ameba Ownd(アメーバオウンド)ってSEO弱くね?

今回は、コーヒーを検索してプラットフォームのSEOパワーをチェックします …

ワードプレスの『AllinOne SEOPack』って、なぜ・どんな仕組みで検索に強くなるの?

今回は、ワードプレスの検索エンジン最適化用プラグインが、どんな仕組みで検 …