wordpressスマホ対応サイト・wpプラグイン・検索体験最適化・SNS・ 動画・bgmやテーマ曲を駆使して、リアルビジネスへの集客を達成するためのコラム!

   

wordpress屋のマルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

新オーディオ素材サイトsounds.com(Native Instruments)を、フリー版でもBatteryなどと連携して活用・オリジナルドラムキットを作ってみる

   

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は、久々にDJっぽい話題をしてみます(オーディオ素材)。

DJ機材とか作っているNative Instrumentsが、新たにオーディオ素材サイトを作った模様です。実際に使ってみます。

sounds.com概要と、pro/free版の違い

sounds.comとは、Native Instrumentsがオープンした、無料or定額のオーディオ素材サイト!


https://sounds.com
Native Instrumentsは、たぶんDJやってる人だったら知らない人がいないと思います
TRAKTOR KONTROLみたいなターンテーブル型コントローラーとか、オーディオループとか、シンセ売っている会社です。その会社が、『ループ音源・ドラムキットなどのwavサンプル』などを大量に集めてライブラリサイトみたいなのを作りました。それがsounds.comです。

ちなみに管理人はいまのところKOMPLETEシリーズばっかり使っています。

参考ニュース:Native Instrumentsが無料&定額制の 音楽制作素材サイトSounds.comベータ版を公開(iflyer.)
https://iflyer.tv/ja/article/2018/01/20/nativeinstruments-soundcom/

利用上、気にしなければならないpro/free版の違い

https://sounds.com/signupのページにも書いてあるんですが、『pro/free版』というのがあり、proだと費用は有料になるけど、サイト上の好きな素材を好きなだけ使えるプランになっています。

しかし、2018年6月の時点で、まだベータ版なので、『有料プランはU.S. Only(日本からだと登録できない)』という状況です。この状態だと、日本からのユーザーは『free登録しかできない・それゆえ一部のパッチだけが、期間限定でダウンロードできる状態(入手できる素材が限られる)』ということになります(金払っても使いたかったんだけど、日本からだとまだそれができないのは残念です)。

しかしいくつかの素材は手に入ったので、活用してみることにします。

sounds.comフリープランの素材を、楽曲で活用する(Batteryドラムパッチにするなど)

ダウンロードのしかた


とりあえず、日本からだと有料版を取れないので、フリー版アカウントを取ってログインします。フリー版で落とせる素材は少ない上に、期間ごとにころころ変わるので、ちょくちょくログインする必要があります。『Featured Releases』のコーナーや、検索窓に『free』と入れると、フリーアカウントでも使える素材がヒットするでしょう。


で、こないだフリー公開されていたのが『Strikerドラムキット』でした。100種類ぐらいのドラムのパーツがあるので、視聴して気に入ったものを右側のボタンでダウンロードしていきます


あとは『StrikerドラムキットはStrikerフォルダ』『Green LipsキットはGreen Lipsフォルダ』みたいに、パッチごとにまとめておきます。あとから探しやすいからです。ちなみに、今のところフリーでゲットできたのは、ドラム音が多かったです。

ドラムマシンNative Instruments・Batteryに読み込んで、ドラムキットにしてみよう


管理人のPCにはKOMPLETEシリーズが入っていたので、同じメーカーNative Instruments・Batteryというドラムマシンを使ってみます。先ほど名前をつけたフォルダを、左側のブラウザから探して指定(このフォルダにダウンロードしたパーツが入っています)。


あとは、片っ端から視聴して、気に入ったものをパッドに並べていきます。ついでに『左右定位』や『立ち上がり時間』『エフェクターやイコライザー』とかも設定しておくとgoodです。


で、wavもぜんぶ一まとめにしたいときは『monolith』で保存します。パッチのみ保存だと、wavデータの場所をPC内で移動したときに『ファイルが見つかりません』みたいになるからです

あとは、dawなどのドラムトラックに読み込んで使おう!


できたパッチは、そのままdawのドラムトラックにBatteryを機動・パッチファイル読み込みで使うことができます。管理人も『Strikerドラムキット』の音色を使ってドラムトラックを作ってみました。

こういうビートの上でピアノを弾いても楽しいかなと思います。あまり練習する時間がありませんが(笑)

とりあえずしばらくは日本からだとフリープランしか使えない状況ですが、イイ感じの素材があったら、ドラムマシン・サンプラーなどと連携して使ってみてください。

*アトリエSS・曲アレンジ(編曲)・音楽制作受付サービスページに移動します。有償300曲・フリー素材曲and youtubeなどで100曲、合計400曲つくっていますので、アイデアをご提供できます。

【カテゴリ】 - 音楽制作 【タグ】 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

リバーブのかける帯域って?高音域・低音域でどんな違いがあるの?

今回は、使用頻度が高いエフェクターの操作方法についてです。 リバーブで、 …

オリジナル音源を出展~pixivの『ネット音楽マーケット・APOLLO』の場合はどうやるの?

今回は、管理人がコンテンツの受注制作とはべつに、オリジナル楽曲などをイベ …

オラついてる、怖いデザインのアンプシミュ~ハードな音がほしいときは使おう

今回は、管理人もたまに使ってるエフェクター・Guitar Rigで、ヤバ …

歌い手ボーカル担当・ナレーション担当が見つからない!そういうときに探せるサイトは?

今回は楽曲・音声作品などを完成に導くためのユーティリティ記事です。バンド …

【コンパクトピアノ】軽くて小さいピアノという新ジャンル・ローランド『GO-61P GO:PIANO』ってどうなの?

今回は、すでに似たスペックの鍵盤持ってたから買わなかったけど、楽器屋(近 …

CDプレスって高い?『スリムケース&数百枚』なら数万円ですむのでCDRよりおススメ

今回は音源をCDでリリースするときに検討しておきたい事項についてです。プ …

【メン募】音楽で仲間に出会え!バンドや同人向け『バンドメンバー・サークルメンバー募集掲示板』まとめ

今回は、管理人が音楽活動されてる方の役立つ情報をまとめようとして、『おや …

モノラル・トラックを、ステレオにする効果って何なの?

今回は、すごく複雑なテクニックというわけではないですけど、音色によっては …

歌をR-DeEsser(ディエッサー)でマイルドに~帯域5k/3k/バイパスを比較

今回は、歌トラックなどを聞きやすくするエフェクターを使ってみます。 あん …

【作詞】歌詞が出てこないときの作成方法~主人公・登場人物のペルソナを設定し、そこから広げる

今回は歌詞作成・作詞を非常に苦手としている管理人が、(自作音楽コンテンツ …