wordpressスマホ対応サイト・wpプラグイン・検索体験最適化・SNS・ 動画・bgmやテーマ曲を駆使して、リアルビジネスへの集客を達成するためのコラム!

   

wordpress屋のマルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

コーポレートサイト(会社公式サイト)を持つ目的は?WordPress使ってメリットがある?

   

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は、起業して会社を立ち上げたときに考えたい『コーポレートサイト(会社公式サイト)』を持つ目的についてです。

当コラムでは、サイト構築方法として『WordPressシステム』も多めに取り上げていますが、このシステムにするメリットなども合わせて考えてみましょう。

コーポレートサイトとは?持つ目的とは?

コーポレートサイトとは?


簡単にいうと『企業の公式サイト』のことです。写真は、管理人がWordPress使ってやってみたイメージです。よくあるのは『トップページの大きい画像に、ビルや空・企業のキャッチコピー』が書いてある感じのサイトと考えると良いでしょう(一般的にはこんなかんじですが、取り扱い製品に応じたデザインにします)。

小さな会社だと『代表挨拶や企業理念・サービス紹介・スタッフ紹介・アクセス情報』など。
大きい会社だとIR(インベスターリレイションズ・財務や経営状態)や採用コーナーが入っていることもあります。

持つ目的は集客というより『顧客・協力会社・取引先』への情報開示やコミュニケーション

コーポレートサイトに含まれる内容は一般に、上記の『代表挨拶や企業理念・サービス紹介・スタッフ紹介・アクセス情報』です。目的としては顧客・協力会社・取引先などへの情報開示や、理念やサービスを知ってもらうコミュニケーションです。

集客には、コーポレートサイトとは別に、『サービス・商品専用サイト』を持つことが推奨されています。キーワードやデザイン・コンテンツなどで専用にチューニングしやすくなるからです(コーポレートサイトだけでサービスをネット集客するのは、やや無理がありそうです)。

コーポレートサイトがない場合の考えられるリスク

名刺を渡して新規の取引や、協力者を募るときなどに『存在証明や企業概要が見れない』となると、相手が少し不安に思う可能性はあります。また、あう前にスマホやPCでコーポレート見てもらった方が、話が広がったりもします(コミュニケーションしやすくなる)

一方、個人ビジネスで、ブログやSNSが充実している場合は、コーポレートサイトは作らなくても大丈夫かもしれません。

コーポレートサイトにWordPressって使えるの?メリットは?

コーポレートサイト必要かも知れませんが、一から全部作ると手間や費用が大きくなります。そこで、既存のシステムを使って導入しやすくできないかを考えます。

ニュースリリース・ちょっとしたお知らせは、担当者がすぐ更新できる


WordPressは、ブログやSNSをやったことがある方なら、(PHPでカスタマイズは無理でも)記事執筆は簡単にできます(HTMLサイトより更新・追加は簡単です)。
ちょっとした部分は制作会社を頼らずご自身ですぐ更新。スピード感のある運用ができます。

コーポレート向きテーマカスタマイズで作業工程を減らし、初期コストを下げる

1からwebサイトを作る場合はある程度まとまったコストがかかります。
例えば『初期構築数十万円&月ごと保守費用二万円』という感じに。web担当を新規採用するよりは安いかもしれませんが。


WordPressには改変OKテーマ、かつコーポレート向きのものも多くあります。これらをベースにし、カスタマイズすることにより、工程削減しコストダウンができます。
(管理人は改変OKなライセンスになっているもの、ディベロッパーライセンス購入が必要なものなどについてもチェックしています。)

デメリット、wordpressを使わない例(攻撃リスクを避ける)

IRを載せている大企業には、wordpressシステムを使っていないところも多いです。以前このコラムでも書いたのですが、『wordpressには攻撃を受けやすい(不正ログインや改ざん)構成ファイル・プラグイン』が存在します。
特に上場している会社などは、財務情報に公開前アクセスされるとインサイダー取引みたいなことをされるので、より安全なシステムで運用します。

wordpressを安全に使おうとすると、改ざんされやすいファイルやプラグインを調査したり、すぐ復旧できる体制、セキュリティー強化で手間がかかるのは事実です。(しかしIRなどが無い、そこまで機密でないメディアサイト・ブログなどはwordpressが使われています)

あとがき・まとめ

  • コーポレートサイトとは企業の公式サイト
  • 持つ目的は集客というより『顧客・協力会社・取引先』への情報開示やコミュニケーション
  • WordPressで担当者がすぐ更新できる、初期コストを下げる戦略もアリ
  • ただし、攻撃リスクを避けるために使わない例も知っておくべき

まとめるとこのような形になります。起業したてとかで、コア業務が忙しいと、導入を躊躇されることもあるかもしれません。とはいえ活用の目的をはっきりさせたり、導入しやすい方法をとったりすることもできますので、ぜひ将来的なコミュニケーションのためにも、ご検討ください。

*お問い合わせフォームページに移動します。webリニューアル・ロゴ・記事・wordpress化などでお力添えできます。

■LINEできいてみる(アカウントがある方)

(タップ・またはqrでアプリを起動してください。回答できる内容には限りがありますが、なにか課題解決のきっかけができるかもしれません。)


【カテゴリ】 - 起業・独立・おしごと 【タグ】 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

起業・独立時のweb集客活動失敗例【管理人の実体験】

今回は、当サイト管理人が2012年まで使っていたfc2ぶろぐで、過去の記 …

私のPHPプログラム学習方法(書籍・学習サイト・認定試験テキスト・WordPress)と、今後の目標

今回は、管理人が2018年に重点的に取り組んでいる活動『PHPプログラム …

【本レビュー・カフェ独立起業】カフェをはじめる人の本 | 成美堂出版~web集客など、不十分な点も押さえよう

今回は、管理人の本棚にあった本をレビューします。 『カフェ独立起業』とい …

【起業・創業セミナー感想】仙台のアシ☆スタ主催セミナー『モヤモヤをワクワクに変える!起業入門講座』で学習したことまとめてみた

今回は少し前の話になりますが、管理人が起業セミナーを聞いて学習したことを …

【副業】フリーランス独立時の収益低下リスクヘッジに、物流・製造系派遣やった体験談(働くナビ・工場求人ナビetc.)

今回は、私が、(大ブレイクとかはできなかったけど、細々と)独立して9年く …

SNSで広がるマルチ商法!『マルチ勧誘の連中がよく使うフレーズ』教えるっ!

今回は、音楽やビジネス・クリエイター活動・および起業・独立などで、インタ …

週4時間労働で年500万稼ぐハイパーボヘミアンの収益構造内訳、俺が全部バラす

今回は『youtubeトレンド急上昇ランク』に突然登場した動画に出ていた …