wordpressスマホ対応サイト・wpプラグイン・検索体験最適化・SNS・ 動画・bgmやテーマ曲を駆使して、リアルビジネスへの集客を達成するためのコラム!

   

wordpress屋のマルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

【Googleへの登録(インデックス)】fetch as Googleが使えなくなるので、『URL検査ツール』を使うようにしよう

   

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は、サイトの検索エンジン対策で必要な『Googleへの登録(インデックス)』について取り上げます。

管理人は最近まで『fetch as Google』というツールを使っていましたが、どうやら今後使えなくなるようです。そこで『このツールの必要性』や『今後の代替ツールの使用方法』をチェックしていきます。

fetch as Googleとは?どんなメリットが?使えなくなるとは?

Googleが公式で提供している『クロールのリクエスト・レンダリングテスト』などができるツールです。特にクロールのリクエストは、検索エンジンにサイトを登録(インデックス)させるときに重宝していました(インデックスされていないと、ユーザーが検索しても、検索結果にサイトが出てこないため)。

しかし・・・

管理人がいつものようにサイトの記事を追加し、クロールのリクエストをしようとすると『fetch as Googleが2019年3月28日以降は使えなくなる』との表記が。
ちょっと検索エンジンがクローラーで拾ってくれるのを待つだけになるのは、かったるいものです(笑)
代替のツールはあるようなので、それもチェックしましょうか。

これは、ウェブマスター向け公式ブログ2019年3月1日の記事でもアナウンスされています。結構最近の情報ですね。『Fetch as Google は、URL 検査ツールに置き換わります』というところが、Fetch as Googleの代替ツールの話題になっています。以下、ウェブマスター向け公式ブログの記事です。

■新しい Search Console で重大な課題に取り組みましょう ~ 今後のロードマップのご紹介
https://webmaster-ja.googleblog.com/2019/03/focusing-on-new-search-console.html

URL検査ツールの使い方(インデックスのリクエスト)

というわけで、さっそく『fetch as Google』のかわりになりそうな『URL検査ツール』を利用して、Googleへの登録(インデックス)をリクエストしてみます。

入り方は、サーチコンソールの左側メニューに『URL検査』というところがあるので、そこから入ります。

次に、上部の『○○(サイトのドメイン)内のすべてのURL検査』というところに、これからインデックスをリクエストしたいurlを入れます。新しく記事を追加したときなど、個別のURLを入れる形になると思います。

ちょっと特殊なのは『登録するurlを入れる』とか書いていないところ。わかりにくいですが、ここからインデックスのリクエストに進みます。


インデックスからデータ取得の表示が出ます。ここは待っていればokです。

新しく作ったページなどで、googleに登録されていないページの場合『URLがgoogleに登録されていません』と表示がでます。

その下に『インデックス登録をリクエスト』というリンクがあるので、ここをクリックします。

『登録可能かテストする』の表示がでます。

検証はしていないけど『メタタグno indexが指定されてる・robots.txtでクローラー拒否してる』などの場合は、ここで引っかかるかもしれません。

特に問題なければ、『インデックス登録をリクエスト済み』という表示になります。

クローラーが回ってきてgoogle検索にも表示されるようになったら、リライトや内容充実などを図って、ユーザーが読みたくなる・クリックしたくなるようにしていくと、順位も少しずつ上がって、検索経由のアクセスが増えるでしょう。

あとがき・まとめ

  • fetch as Googleはインデックス登録に便利だが、2019年3月28日以降は使えなくなる
  • その代わりのツールが、サーチコンソール内のURL検査ツール
  • すべてのURL検査のウィンドウにurlを入れた後に、登録リンクが出てくる

まとめるとこんなところでしょうか。登録リンクの位置がちょっとわかりにくいのですが、数回同じ操作を行って慣れれば、問題なく使えると思います。インデックスリクエストも忘れずに行って、検索でさがしているユーザーにも情報が届くようにしてみましょう。

*アトリエSS・web制作サービスページに移動します。webリニューアル・ロゴ・記事・wordpress化などでお力添えできます。

【カテゴリ】 - SEO(検索エンジン最適化)情報 【タグ】 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【検索エンジン集客】無料SEOツール『SEOチェキ』って、どんなことができるの?キーワード出現率チェックとか使える?

今回は、検索エンジン集客に使えそうな、無料SEOツールを試してみます。 …

【VSインスタ比較】Pinterest(ピンタレスト)にアップした画像って、画像検索にヒットするの?

今回は、画像SNSのピンタレストの検索エンジンに対する効果についてチェッ …

サーチコンソールで出てくる『インデックスカバレッジ』の問題ってなんなの?

今回は、Googleのサーチコンソールで見ていたら出てきたメッセージ『イ …

【PC対応ページしかねぇ】Googleがモバイルファーストインデックスを始めたけど、ページ構成やURLはどうすれば良いの?

今回は、昨年あたりから話題になっていた、Googleのモバイルファースト …

スタバのコーヒー検索して気づいた!Ameba Ownd(アメーバオウンド)ってSEO弱くね?

今回は、コーヒーを検索してプラットフォームのSEOパワーをチェックします …

【SEO・SXOチューニング】余計なカテゴリ・記事をカットし、内部リンクをシンプルにしつつ、xmlサイトマップもきちんと送る

今回は、管理人がこのサイトを使ってやってみた『SEO・SXOチューニング …

Googleからの回答~サブドメインとサブディレクトリタイプどちらが良いの?

今回は、特に『今持っているサイトに、サイトを追加するとき』に、気になるか …

Googleがスマホ表示速度をランキング要因にすると発表・サイト制作者/ユーザーの対策は?

今回は2018年1月に、Googleの検索順位に影響する内容が公式に発表 …

googleで自分のお店や会社・サービス検索されたときの画面に、ブログ更新情報を流す方法(マイビジネス・ナレッジパネル)

今回は、googleで自分のお店や会社・サービス検索されたときの画面の情 …

ブラウザのGoogleクロームがSSLじゃないサイトに警告だすときって、どんな風になるの?

今回は、以前からアナウンスされていた、『Googleが、クロームの新しい …

ワードプレスの『AllinOne SEOPack』って、なぜ・どんな仕組みで検索に強くなるの?

今回は、ワードプレスの検索エンジン最適化用プラグインが、どんな仕組みで検 …

検索エンジンに登録されやすくするため、xmlサイトマップ作成~ツール・wpプラグインなどのやり方紹介

今回は、ちょっと更新の必要がでてしまったため、xmlサイトマップを扱いま …