wordpressスマホ対応サイト・wpプラグイン・検索体験最適化・SNS・ 動画・bgmやテーマ曲を駆使して、リアルビジネスへの集客を達成するためのコラム!

   

WordPress屋のマルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

WordPress 5.2がサーバーPHP5.6.2以下で動かなくなる事例~更新や閲覧はできる?バージョンアップの注意点は?

   

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回は、WordPressの最近の新しいバージョンで、PHPバージョンを気にしないでアップデートしちゃうと、サイトが動かなくなるという件についてお話します。

最近のサーバープランでは最初からPHP7で動かせるので、気にしなくてよい人はいますが、PHP 5台で使っている人には死活問題になる可能性もあります。さっそく、状況や検証・対策や注意点を見ていきましょう。

WordPress 5.2での、PHP最低必須バージョンについて

WordPressはPHPプログラムで動いており、WordPress 5.2での、PHP最低必須バージョンについては、公式ページでアナウンスされています。
以前(WordPress 5.1)だと、PHPのバージョンが古い場合、管理画面のダッシュボードに警告がでていました。

■PHP 最低必須バージョンの変更
https://ja.wordpress.org/2019/04/03/minimum-php-version-update/

WordPress 5.2を最低必須バージョンより古いPHPで動かすとどうなる?

管理人が確認した事例(PHP5.2のサーバーでWordPress 5.2)


管理人が確認した事例です(サイト名やアドレスはプライバシーの関係で記載しません)。ネットサーフィン中、とあるサイトにアクセスしたときの挙動です。サイト自体はまったく見ることができません

サーバーのPHPバージョンは5.2ですが、WordPress 5.2.4は5.6.20以上のみでご利用になれます』という警告メッセージがでるだけです。サイト自体にはおそらく、トップページやお知らせみたいなコンテンツがあると推測されますが、この段階では警告メッセージ以外は、なにも見ることができません。これはサイト運営者にとっては死活問題です。

管理人が、ローカル環境WordPress5.2を、古いバージョンのPHP(5.5.38・Local by Flywheel)で検証

ほかのサイトで見ただけだったので、実際にどうなるかも検証したいと思います。

Local by Flywheelを使って、ローカル環境WordPress5.2をインストール。インストール時にカスタム設定で、古いバージョンのPHP5.5.38の状態でWordPress5.2を動かしてみます。


サイトを見るだけでなく、管理画面すら、まったく動かなくなります(警告は最低でも5.6.20が必要という意味。)。このように、サーバーのPHPバージョンが5.6.20未満の場合は、『閲覧・投稿全部ダメ』です。
セキュリティ上の理由で(古いバージョンのWordPressは攻撃対象になることがある)新しいバージョンにしたくても、サーバーのPHPバージョンを気にしないといけません。

WordPress5.2にアップデート時、サーバーのPHPバージョンを変える前に注意すること

最近のレンタルサーバーは、基本的にPHP7対応しているので、新規で契約するときなどはそのままWordPress5.2を動かすことができます(なので、この記事読まなくてok笑)。ちょっと昔からサーバー契約していて、PHPバージョンが古いままのときは、以下の項目に注意して、バージョンを変更するのがおすすめです。

バックアップ(念のために)

ミスると動かなくなる&復旧に時間がかかりそうな案件での基本はバックアップ。ローカルに全部保存・・とかは大変ですので、もし不安な場合は、バックアッププラグインを検討してください。公式ページ内には『5.2.4など新しいバージョン検証済み』や『説明が日本語』のものもあります。

■WordPress.org バックアッププラグイン
https://ja.wordpress.org/plugins/search/backup/

テーマ・プラグインなど

最近のテーマ・プラグインなどを使っている場合は気になりませんが、中には『最終更新数年前』みたいに、古いタイプのものがあります。たとえば・・


こういう風に表示がでるプラグインやテーマです。

詳しい説明は省略しますが、PHPプログラムには『新しいバージョンでは非推奨になっている書き方や機能』があります。これらはエラーでサイトが動かなくなることもあります(管理人は実際にありました)。
なので、気になるプラグインは停止・気になるテーマは公式に戻しておくなど対策ができます。万が一、再度起動したときにエラーになれば、原因が特定しやすいです。

また、お時間がありましたら、以下の『サーバーのPHPバージョンが古いせいでsyntax error。画面真っ白』という記事も、参考までに読んでみてください。

【wordpress/PHPエラー原因】Parse error: syntax errorで画面真っ白は、プラグインorサーバーのPHPバージョン
https://sounds-stella.jp/music-creation/archives/5495

あとがき・まとめ

  • セキュリティなどの理由で、WordPress はなるべく新しいバージョンを使いたい
  • WordPress 5.2以降では、サーバーのPHPプログラムは、バージョン5.6.20 以降が必須
  • 必須バージョン以下のPHPプログラムで動かした場合は、サイトも見れない&管理画面にも入れない
  • バージョンアップ時には、バックアップや、古いプラグイン・テーマを動かしているかなど注意

まとめるとこのようなところでしょうか。さらに新しいバージョンWordPress 5.3 RC2なども出てくるので、サーバーPHPが古いバージョンは、どんどん厳しくなってきそうです。速度・安定性・セキュリティの観点からも、新しいバージョンを検討するとよいでしょう。

*アトリエSS・web制作サービスページに移動します。webリニューアル・ロゴ・記事・wordpress化などでお力添えできます。

【カテゴリ】 - サイトエラー対策と復旧(wp/php/css) 【タグ】 - ,

  関連記事

【WordPress/エラー対策】プラグインbizcalendarが改造テーマで表示しない事例

今回は、最近このサイトでAPIカレンダープラグインの話題のアクセスが上が …

【WordPress4.9.7でのエラー検出】子テーマでindex.phpやCSSヘッダが無いときの『テーマが壊れています』表示への対策

今回は、2018年7月6日に出た、WordPressの新バージョン4.9 …

【PHPファイル改造でWPテーマ不具合修正】Clarina(親llorix-one-lite)で、ブログ更新情報タイトルが二回出るのを直す

今回は、管理人のつくったフリー曲サイトで、表示が微妙になっていた部分を、 …

【wordpress】PHPのバージョンっていきなり変えて大丈夫?不安なら公開前にローカルでテストしよう

今回は、WPに使われてるプログラムPHPのバージョンを変更する際に、事前 …

【wordpress/PHPエラー原因】Parse error: syntax errorで画面真っ白は、プラグインorサーバーのPHPバージョン

今回はwordpressサイトでよくある『プラグインがParse err …

CSSの『Expected RBRACE 』エラーって何なの?(ワードプレス4.9で判明)

今回は、ワードプレスを新バージョンにしたら判明した、変なCSSエラーがで …

【wpプラグイン】コンタクトフォーム7の自動返信設定と、なぜか発生した文字化けの対処

今回は、wordpressで定番・便利な問い合わせフォームのプラグインを …

ワードプレスで画面真っ白で積んだとき、データベースから記事データを抜いて復旧

今回は、ワードプレスで、画面真っ白でどうしようもなくなったときの復旧方法 …

ワードプレステーマインストール時に、エラーで画面真っ白を復旧させた方法

今回は、管理人がメインで使ってるweb製作ツールワードプレスで、たまに発 …

ワードプレスSTINGERでアドセンスコードが入らない~『テキストドロップ』勘違いと、対処方法

今回は、このサイトにもつかわれているツール『ワードプレス』での、アドセン …

『レスポンシブレイアウトwp』がプラグイン(wptouch mobile plugin)エラーで、スマートフォンで上手く表示しなかったときの対策

今回は、サイトなどを使ってコンテンツを発信するのに役立つかもしれない、w …