wordpressでのスマホ対応webサイト制作・wpプラグイン・PHPプログラム・SNS活用・ 動画・bgmやテーマ曲アレンジまで考えるコラム!

MySQLデータベースからWordPressテーマ変更・プラグイン停止を行う方法【エラー・管理画面に入れないときに】

      2020/09/27

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回のお題は、WordPressエラー復旧などに使えるかもしれない『MySQLデータベースからWordPressテーマ変更・プラグイン停止を行う』です。
管理画面に入れないときに操作ができるのは、緊急時におおきなメリットとなります。さっそくやり方を確認していきましょう。

MySQLデータベースからテーマ・プラグイン操作の必要性が出るケースは?

今回使うテクについてですが、WordPressでは『コア部分バージョン更新・PHPバージョン変え』などのとき、古いプラグイン・テーマを使っていると、『対応していないので、エラーでサイトが動かなくなる』ということがあります。(中には事前に警告してくれるものもありますが)

その場合『管理画面にも入れない』という状況になることは、ざらにあります。該当のテーマやプラグインを無効にすれば戻ったり、原因調査がしやすくなるので、『管理画面に入れなくても、データベースから直せる』と、解決に向けて取れる手段が増えます。

(*そのほか、wpアドレス/サイトアドレスをデータベースから直す方法についても書いているので、過去記事も参考になさってください。)

データベースからプラグイン無効化してみる(wp_optionsテーブル・active_pluginsの値を操作)


まずはプラグインを無効化してみます。管理人のぶろぐ・最初の状態です。アクティブなプラグインは『All In One SEO・Classic Editor・Contact Form 7』の3つです。


データベースに入ってみましょう。有効になっているプラグイン情報は『wp(接頭辞による)_optionsテーブル』の『option_name:active_plugins』の部分に入っています。シリアライズ配列の形式で、『最初のaは、配列arrayのa・a:3は要素数3』『i:0は0番目で数値型(integer)。s:43は文字列型(string)で43バイト』という意味です。


これらのプラグインをデータベースから全無効にするには、option_valueに『a:0:{}』を入力します


管理画面から操作しなくても、すべてのプラグインが無効になりました。『エラーで管理画面入れないけど、原因に特定のプラグインが想定される』などの場合は使えそうです。

データベースからテーマを変えてみる(wp_optionsテーブル・ template & stylesheet)


『テーマが原因でエラー・公式に戻して動作確認したい』みたいなときに使えるのが、データベースからテーマ変更。optionsテーブル内『option_name:template & stylesheet』に、テーマ情報が入っていますね。


勿論インストールされていなければ対応できないんですけど、『Twenty Seventeenに戻したい』というときは、option_valueにテーマ名を


単純に『Twenty Seventeen』と書くのではなく、『フォルダ名(twentySeventeen)』で書くと、正しく動作します。

あとがき・まとめ

  • テーマ・プラグイン由来のエラーで管理画面に入れないとき、データベースからプラグイン無効・テーマ変更できると便利
  • プラグイン無効化はoptionsテーブル内の『option_name:active_plugins』で、option_valueに『a:0:{}』を入れる
  • テーマも、option_name:template & stylesheetから操作できる

まとめるとこんなところでした。テーマ・プラグイン関係でエラー・ログインできないなどの場合は、無効にして動作確認できると良いです。逆に、これらを行ってもエラーが出る場合は、コアファイルがうまく上がっていないとか、他のところに原因があるという予測も立てやすくなります。サイト引っ越しやバージョンアップなどでエラーの脅威が高まるので、対策の一つとして押さえていただければと思います。

◆この記事で問い合わせ

*アトリエSS・web制作サービスページに移動します。webリニューアル・ロゴ・記事・wordpress化などでお力添えできます。
『サイトを既にお持ちで、リニューアル』の場合は、¥10万以下でご対応します(月額管理費/24回支払い縛りなどの強制無し)。

【カテゴリ】 - webメディア制作運用, サイトエラー対策と復旧(wp/php/css)
【タグ】 -

  関連記事

【WPプラグイン】Smart Custom FieldsとCustom Field Bulk Editorは相性悪い?(空リンク・真偽値フィールドに文字)

今回は、管理人がカスタムフィールド系の案件で使っているプラグイン ...

イベントハンドラonClickとopenメソッドで、複数youtube動画をボタンで切り替え、iframe内に表示する方法

今回は管理人が、お取引先のサイトにつけようとしたけど、より便利な ...

【WordPress条件分岐】is_singleとis_singularって違うの?→idやスラッグ指定、投稿タイプ指定の面で違いが

今回は、WPの条件分岐などに使うファンクションで、名前が超似てい ...

【CSS】横並びメニューで、最初だけボーダー無しとかにしたい場合は?→擬似クラスfirst-childを、効かない例も紹介

今回は、『メニューなどで、最初の要素だけボーダー無しにしたい』み ...

cssフレームワーク利用サイトで、意図しないpaddingなどを消すには?→同クラス上書き(例:bootstrap)

今回は、CSSフレームワークなどを使ってサイトを構築していると、 ...

【WordPressカスタムフィールド検索】meta_queryで、シリアライズ値が入ったフィールドを持つ記事をヒットさせるには?

今回は、ちょっと需要があるかもしれない『WordPressカスタ ...

WP管理・投稿画面カスタマイズ~『p』『h2』みたいなタグ・定型文をボタン1つで記事に追加したい

今回は、以前サイト制作のお取引先さまと話した、WPの記事を投稿す ...