wordpressでのスマホ対応webサイト制作・wpプラグイン・PHPプログラム・SNS活用・ 動画・bgmやテーマ曲アレンジまで考えるコラム!

MySQLデータベースからWordPressテーマ変更・プラグイン停止を行う方法【エラー・管理画面に入れないときに】

   

こんにちは、管理人@SS_mshpです。

今回のお題は、WordPressエラー復旧などに使えるかもしれない『MySQLデータベースからWordPressテーマ変更・プラグイン停止を行う』です。
管理画面に入れないときに操作ができるのは、緊急時におおきなメリットとなります。さっそくやり方を確認していきましょう。

MySQLデータベースからテーマ・プラグイン操作の必要性が出るケースは?

今回使うテクについてですが、WordPressでは『コア部分バージョン更新・PHPバージョン変え』などのとき、古いプラグイン・テーマを使っていると、『対応していないので、エラーでサイトが動かなくなる』ということがあります。(中には事前に警告してくれるものもありますが)

その場合『管理画面にも入れない』という状況になることは、ざらにあります。該当のテーマやプラグインを無効にすれば戻ったり、原因調査がしやすくなるので、『管理画面に入れなくても、データベースから直せる』と、解決に向けて取れる手段が増えます。

(*そのほか、wpアドレス/サイトアドレスをデータベースから直す方法についても書いているので、過去記事も参考になさってください。)

■(過去記事)ディレクトリやWordPress アドレス変更でログインできない場合は、データベースからログインできるアドレスに直す
archives/7110/change-wordpress-url-on-a-database/

データベースからプラグイン無効化してみる(wp_optionsテーブル・active_pluginsの値を操作)


まずはプラグインを無効化してみます。管理人のぶろぐ・最初の状態です。アクティブなプラグインは『All In One SEO・Classic Editor・Contact Form 7』の3つです。


データベースに入ってみましょう。有効になっているプラグイン情報は『wp(接頭辞による)_optionsテーブル』の『option_name:active_plugins』の部分に入っています。シリアライズ配列の形式で、『最初のaは、配列arrayのa・a:3は要素数3』『i:0は0番目で数値型(integer)。s:43は文字列型(string)で43バイト』という意味です。


これらのプラグインをデータベースから全無効にするには、option_valueに『a:0:{}』を入力します


管理画面から操作しなくても、すべてのプラグインが無効になりました。『エラーで管理画面入れないけど、原因に特定のプラグインが想定される』などの場合は使えそうです。

データベースからテーマを変えてみる(wp_optionsテーブル・ template & stylesheet)


『テーマが原因でエラー・公式に戻して動作確認したい』みたいなときに使えるのが、データベースからテーマ変更。optionsテーブル内『option_name:template & stylesheet』に、テーマ情報が入っていますね。


勿論インストールされていなければ対応できないんですけど、『Twenty Seventeenに戻したい』というときは、option_valueにテーマ名を


単純に『Twenty Seventeen』と書くのではなく、『フォルダ名(twentySeventeen)』で書くと、正しく動作します。

あとがき・まとめ

  • テーマ・プラグイン由来のエラーで管理画面に入れないとき、データベースからプラグイン無効・テーマ変更できると便利
  • プラグイン無効化はoptionsテーブル内の『option_name:active_plugins』で、option_valueに『a:0:{}』を入れる
  • テーマも、option_name:template & stylesheetから操作できる

まとめるとこんなところでした。テーマ・プラグイン関係でエラー・ログインできないなどの場合は、無効にして動作確認できると良いです。逆に、これらを行ってもエラーが出る場合は、コアファイルがうまく上がっていないとか、他のところに原因があるという予測も立てやすくなります。サイト引っ越しやバージョンアップなどでエラーの脅威が高まるので、対策の一つとして押さえていただければと思います。

*アトリエSS・web制作サービスページに移動します。webリニューアル・ロゴ・記事・wordpress化などでお力添えできます。

【カテゴリ】 - webメディア制作・運用, サイトエラー対策と復旧(wp/php/css)
【タグ】 -

  関連記事

WPサイト接頭辞エラーまとめ~configやテーブル名変更・usermeta内の項目で、接頭辞不一致の場合

今回は、管理人がお仕事でWPサイトお引っ越しをしたときに遭遇した ...

【お洒落1ページ型無料WPテーマ】onepressを使ってみてレビュー・特徴やカスタマイズ時のポイント

今回は、WPテーマを調査していて見つけた、良い感じの1ページ型テ ...

別ディレクトリでの記事の管理・表示を、1つのWordPressを使いまわして対応する方法(プラグイン無しカスタム投稿・wp-blog-header.php)

今回は、別ディレクトリのコーポレート・お仕事サイトの記事管理も、 ...

【ログインページが404】ディレクトリやWordPress アドレス変更でログインできない場合は、データベースからログインできるアドレスに直す

今回は、WordPress を使っていて怖いエラーの1つ『ログイ ...

【ユーザーデータ取得】WordPress定義済み関数の『get_userdata()』『wp_get_current_user()』ってどのように違うの?

今回は、WPシステムのwebサイト制作などでちょくちょくお目にか ...

【実践WPカスタムフィールド】音楽サイトにBPM(数値)のフィールド作成&管理画面記事一覧に表示

今回は、WPのカスタムフィールドを、実践的に取り扱ってみます。 ...

WordPressサイトヘルスを『改善が必要→良好』にしたいけど、どうすれば良い?(プラグイン・テーマ・WP/PHPバージョンアップデート)

今回は、WordPressがサイトのセキュリティや稼働状態を勝手 ...